AI時代の論語の読み方|学而篇 10章「温良恭倹譲」

「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。

本日は、学而篇の第10章「温良恭倹譲」です。

学而篇 第10章

夫子は温・良・恭・倹・譲、以てこれを得たり。

(意味)

先生(孔子)は、温良恭倹譲の五徳の人間性によって、どこの国に行っても政治の相談が来るのだ。

(説明)

夫子とは、孔子のことです。

本当はもっと長い章ですが、一文を抜粋したので「これ」が何を指しているのか分からないですが、

これとは、「どこの国に行っても政治の相談をされること」を指しています。

この章は「どうして先生はどこの国に行っても政治の相談をされるのですか?」という子禽の問いに子貢が答えるという内容です。

この五徳、温良恭倹譲はそれぞれつぎのような意味です。

温:おだやかな人柄

良:素直な人柄

恭:つつしみ深く、軽はずみなことをしない人柄

倹:派手、無駄がなく、質素倹約な人柄

譲:謙遜で、相手を立てる人柄

論語の学而篇第10章は

◎温良恭倹譲の五徳を身につける大切さ

を伝えている章になります。

AI時代の読み方

この章をAI時代の現代の文脈で考察します。

この章ではどうして諸国の統治者は孔子に政治の相談をするのか?という問いに対して、その人間性が答えであると回答しています。

ここで重要なのは、孔子が必要とされる理由が「孔子の助言が独自な技術であったから」ではないという点です。

就職活動やセールス活動、コンサルティングなど、ビジネスとは、自分と自分たちの商品を相手に必要としてもらう活動です。

自分の能力が十分であること、商品の性能が必要を満たしていることは最低限の必要条件ですが、十分条件ではありません。

最後に必要とされるには(契約をもらうためには)、人間性が大切です。

「人間性ってなんなんだ?」

って感じですが、その答えとして論語では五徳が挙げられています。

改めて、再掲します。

温:おだやかな人柄

良:素直な人柄

恭:つつしみ深く、軽はずみなことをしない人柄

倹:派手、無駄がなく、質素倹約な人柄

譲:謙遜で、相手を立てる人柄

この五徳が自分は身についているのか、振り返ることが大切です。

まとめ

夫子は温・良・恭・倹・譲、以てこれを得たり。

(意味)

先生(孔子)は、温良恭倹譲の五徳の人間性によって、どこの国に行っても政治の相談が来るのだ。

論語の学而篇第10章は

◎温良恭倹譲の五徳を身につける大切さ

を伝えている章になります。

これはこれからの時代も変わりません。

自分が温良恭倹譲の五徳が身についているのか、振り返ることが大切です。

⇒次のページへ

工事中

⇒TOPページへ

「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ