AI時代の論語の読み方|学而篇 7章「賢賢易色」

「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。

本日は、学而篇の第7章「賢賢易色」です。

学而篇 第7章

賢を賢として色に易(か)え、父母につかえてはよくその力を尽くし、君(きみ)につかえてはよくその身を致(いた)し、朋友と交わりて言いて信あらば、未だ学ばずというといえども、われは必ずこれを学びたりといわん。

(意味)

賢人を恋焦がれるように求め、父母には全力を尽くして孝行し、主君につかえてはその身を代えてでも貢献し、親友と関わるときには言ったことを守る。

そんな人であれば、リーダーになるための学問を学んでいないと言っても、私はその人は既に学んでいると言う。

(説明)

賢を賢として色に易(か)えはいろんな解釈がある文章です。ですが、ここでは、色とは恋のことで、賢人を恋人のように求め、一緒にいようとするという意味です。

この章は、孔子ではなく弟子の子夏が言った言葉です。

一つ前の学而篇6章「弟子入則孝」と同じく、学問(テクニック、やり方)を学ぶことも重要ですが、それ以上に人間性、人間としてのあり方が大切だということを述べている章です。

AI時代の読み方

この章は学而篇6章「弟子入則孝」とほぼ同じ内容を伝えています。

「やり方」と「あり方」の詳細については、こちらをご覧ください。

AI時代の論語の読み方|学而篇 6章「弟子入則孝」
「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。...

まとめ

賢を賢として色に易(か)え、父母につかえてはよくその力を尽くし、君(きみ)につかえてはよくその身を致(いた)し、朋友と交わりて言いて信あらば、未だ学ばずというといえども、われは必ずこれを学びたりといわん。

(意味)

賢人を恋焦がれるように求め、父母には全力を尽くして孝行し、主君につかえてはその身を代えてでも貢献し、親友と関わるときには言ったことを守る。

そんな人であれば、リーダーになるための学問を学んでいないと言っても、私はその人は既に学んでいると言う。

論語の学而篇第7章は、

◎やり方ばかりに偏らず、人としてのあり方を実践することの大切さ

を伝えている章になります。

リーダーシップやコミュニケーションがますます重要となるAI時代だからこそ、「人としてのあり方の実践を心がけて土台を築き、その土台の上にやり方を学んでテクニックを構築していく」という点を心がけることが大切です。

⇒次のページへ

AI時代の論語の読み方|学而篇 8章「学則不固」
「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。...

⇒TOPページへ

「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ